Archive for 10月, 2014

名古屋セミナールーム「耐震診断Pro・構造EX 操作入門編」

木曜日, 10月 23rd, 2014

2014年10月23日(木)、名古屋のウインクあいちにて、「セミナールーム」を開催いたしました。

セミナールームは通常、茨城県つくば市の弊社開発センターにて開催しています。特にこの「入門編」は、ご購入検討中やご購入直後などの、主に初心者の方を対象としたセミナーです。
お持ちいただいたユーザー様のパソコンでホームズ君を操作しながら、一連の流れや便利機能などを学びます。

各地のユーザー様から開催ご希望の声をいただき、より多くのユーザー様にホームズ君を使いこなしていただけるようにと、東京・大阪・福岡と開催場所を広げ、今回名古屋の開催となりました。

中部・近畿・北陸方面、さらには四国の方まで、沢山のユーザー様やご購入検討中の方にご参加いただきました。
セミナールームでは、午前に「耐震診断Pro」を使った耐震診断と補強設計、午後に「構造EX」を使った長期優良住宅の設計をおこないました。午前・午後の両方に参加された方も沢山いらっしゃいました。

IMG_0861 IMG_0868

これまで長期優良住宅の申請を外注でされていた参加者様は、「ホームズ君の購入をきっかけに今後はソフトを使って自社でやっていきたい」とおっしゃっていました。その他の参加者様からも「全体的・概要的なことがわかった」「これまでの悩みが解消した」「セミナーに参加してよかった」といった声もいただき、微力ではありますが、名古屋でのセミナールーム開催が皆様のお役に立ったのではと感じました。

まだ伺っていない地域も、開催ご希望の声をいただければ、ぜひ検討いたします。
皆さんにホームズ君を使いこなしていただけるよう、とことんサポートいたしますので、
今後ともホームズ君シリーズ、ならびにすまいの安心フォーラムをよろしくお願いいたします。

セミナールーム「一日で習得! H25省エネ基準 完全対応セミナー(構造EX操作 入門編)」

木曜日, 10月 9th, 2014

2014年10月8日、インテグラル開発センター(茨城県つくば市)で、セミナールーム「一日で習得! H25省エネ基準 完全対応セミナー」を開催しました。今回は、「一日で習得!」とあるように、平成25年省エネ基準の概要から断熱等性能等級の判定まで、じっくり学んでいただくことを目的としたセミナーです。

当日は多くの方にご参加いただきました。省エネへの関心が高まっていることを実感しました。

img00 img01

午前中は平成25年省エネ基準の解説です。参加者の中には、実のところ省エネの検討自体、よくわかっていないとおっしゃる方もいました。外皮平均熱貫流率(UA値)や冷房期の平均日射熱取得率(ηA値)などの考え方、旧基準(平成11年基準)との違いなどを解説しました。

img02 img03

午後はホームズ君「構造EX」の省エネオプションを用いて、具体的に断熱等性能等級4(平成11年省エネ基準の「省エネルギー対策等級4」に相当)をクリアする演習です。
ホームズ君「構造EX」は、天井や壁に断熱仕様を設定し、開口部にはサッシの仕様を設定することで、外皮平均熱貫流率(UA値)や冷房期の平均日射熱取得率(ηA値)を自動で計算することができます。
セミナーでは、この天井や壁の断熱仕様を具体的に登録するところから始まり、各部に断熱仕様を設定するなど、一連の流れを解説しました。

2015年4月1日以降、長期優良住宅やフラット35Sの申請をする場合は、平成25年省エネ基準での検討が必要になります。この基準の切り替えに、いかに早く対応していくか。ホームズ君は全力で皆様をサポートいたしますので、ぜひ、セミナーにも足を運んでいただければと思います。