Archive for 7月, 2014


2014年7月 木造住宅耐震診断・耐震補強セミナー「精密診断法のすすめ」

月曜日, 7月 28th, 2014

昨年に引き続き、今年も各都市をまわる全国セミナーを開催いたしました。
前半の7月は、耐震診断・補強セミナーです。

  • 7/23(水) 名古屋
  • 7/24(木) 大阪
  • 7/28(月) 東京(浜松町)

梅雨も明け、本格的な暑さが始まっていましたが、どの会場もほぼ満員の「熱い」セミナーとなりました。

DSC04068 DSC04102

今回の「精密診断法のすすめ」は3部構成です。
第1部では株式会社インテグラル 代表取締役 柳澤泰男が、一般診断法と精密診断法1の違いを、グラフや図解を用いて説明いたしました。
精密診断法1が一般診断法に比べ、いかに正確に評点を算定できるかという点や、各算定方法や条件による評点の違いを重点的に述べました。

DSC04059

第2部・第3部では営業企画部より、 国土交通省の長期優良住宅化リフォーム推進事業の概要や最新情報、ホームズ君「耐震診断Pro」の活用法のご紹介をいたしました。
7/15に募集が開始された評価基準型2(全項目S基準適合)についてもいち早く説明しました。
耐震診断Proの活用法では、近々発売予定の「長期優良リフォームオプション」や「保有水平耐力オプション」についてご紹介しました。

セミナーに参加された方からいろいろなお話を伺うことができました。
ある方は、自治体が一般診断の評点の算定において、指定があるとおっしゃっていました。
・必要耐力の計算方法:「面積比を考慮する方法」
・バランスによる低減係数:「偏心率」
これらができるソフトとしてホームズ君「耐震診断Pro」をご検討いただいている、とのことでした。

また、ある方はセミナー後に「一般診断をしていたが、今後は精密診断でより厳密な値を施主に示し、補強プランを案内したい。」とおっしゃっていました。精密診断をするにあたって、どんな項目が現地調査において増えるのかも知りたいとのことでした。
耐震診断や補強計画も、さらに詳しく厳密に計算できる方法が求められていることを実感しました。

今回のセミナーが皆様の耐震診断・耐震補強業務に貢献できることを願っております。

インテグラルではこれからも、皆様にいただいた声を元に、ホームズ君シリーズの改良、さらに充実したセミナーを開催してまいりますので、どうぞご期待ください。

セミナールーム「はじめての許容応力度セミナー (構造EX操作 入門編)」

木曜日, 7月 17th, 2014

2014年7月16日、インテグラル開発センター(茨城県つくば市)で、セミナールーム「はじめての許容応力度セミナー」を開催しました。セミナールームは、ご自身の使い慣れたパソコンをお持ちいただき、実際にホームズ君「構造EX」を操作するセミナーです。ユーザーの方はもちろん、ホームズ君シリーズをご検討中の方にもご参加いただけます。

img002img001

本セミナーでは、ホームズ君「構造EX」許容応力度計算オプションで、モデルプラン(3階建て)の検定を行います。最終的に、検定NGを全て解消することを目標としています。許容応力度計算は初めてという方も皆様、スムーズに全ての検定NGをクリアすることができました。
実際の業務でソフトを使うと、様々な疑問が出てくると思います。セミナーやサポートセンターを通して、その解消のお手伝いをしてまいります。皆様のご参加をお待ちしています。