Archive for 8月, 2013

2013年7月・8月 省エネ・長期優良住宅/木造耐震診断 基準解説セミナー (8月編)

木曜日, 8月 22nd, 2013

2013年7月から8月にかけ、耐震や省エネの基準解説をテーマに全国13会場でセミナーを開催しました。8月の開催は下記の4会場です。

  • 8/02(金) 名古屋
  • 8/06(火) 高知
  • 8/08(木) 大阪
  • 8/21(水) 仙台

午前の部は「省エネ・長期優良住宅 基準解説セミナー」です。2013年10月(住宅)に施行される2013年改正省エネ基準とこれまでの1999年省エネ基準との違いを、インテグラル の代表取締役、柳澤泰男 が解説しました。いち早く新しい情報をとりいれようと、 参加者の皆さんが一生懸命にメモされている姿が印象的でした。
午前の部後半では、「ホームズ君構造EX」を使った長期優良住宅設計の流れを紹介しました。 長期優良住宅の耐震等級2以上、省エネ等級4を満たす設計を、実際にソフトを使いながら進めていきました。特に 床倍率では、耐震等級3を満たすためのポイントを詳しく説明しました。床倍率の強さ自体を上げるという考え方もありますが、今回は「床区画を細かく区切ることで必要床倍率を下げ、平均存在床倍率を上げる」という効率のよい方法を紹介しました。

DSCF8077 DSCF8082

 

午後からは「木造耐震診断 基準解説セミナー」を開催しました。午後の部の前半では、柳澤より2012年に改訂された木造住宅の耐震診断と補強方法の基準について、様々な切り口から紹介しました。例えば、2012年改訂版で診断をすると2004年版の評点とは大きくが評点が変わった物件について、どうしてここまで評点が異なったのか、その要因を分析し説明しました。
後半には、耐震診断ソフト「ホームズ君耐震診断Pro」を使った耐震診断~補強設計の流れを紹介。 効率よく評点を上げていくポイントを紹介しながら、サンプルプランを用いて補強設計をご自身のパソコンで実習していただきました。
特に高知会場では、セミナーの途中途中で質問が飛び交い、参加者同士で意見を述べ合うなど、非常に活気に満ちたセミナーとなりました。

DSCF8150 DSCF8194

 

セミナーにご参加いただいた皆様、一日通してご参加をいただいた方や遠方からご参加をいただいた方も多数いらっしゃいました。ご参加をいただき、誠にありがとうございました。
13もの会場でホームズ君ユーザー、木構造にたずさわる皆様にお会いでき、セミナーやホームズ君シリーズに対しての生の声を聞けたことは、本当に貴重な経験でした。
いただいたご要望を今後のセミナー、ホームズ君シリーズに反映してまいります。

今後も、耐震診断や構造計算の先生方をお招きした特別セミナーや省エネセミナー等ニーズに応えるべくさまざまなセミナーを開催してまいりますので、ご期待ください!

岩手県建築士会一関支部 木造住宅耐震診断研究会「耐震診断Pro操作講習会」

木曜日, 8月 22nd, 2013

2013年8月22日(木)岩手県一関市で行われた、岩手県建築士会一関支部 木造住宅耐震診断研究会様主催の耐震診断Pro操作講習会に伺いました。
一関支部様は非常に熱心に耐震診断・耐震補強に取り組まれていて、今年2013年5月にも耐震診断講習会を開催されています。
建築士会に所属されている設計事務所や工務店の方、一関市役所の担当者様も参加されました。参加者全員がホームズ君をお使いの方でした。

DSCF8221

今回の講習会は、参加者の皆様にノートパソコンをお持ちいただき、ホームズ君「耐震診断Pro」を用いて、実際に一から物件データを入力し、耐震診断条件、耐震診断評点確認の後に補強計画を立てるという内容でした。
その中で、さらに「耐震診断Pro」を使いこなしていただくために、「マウスの両ドラッグ」機能や、意外と知られていない「壁情報表示」などの機能も紹介いたしました。

補強計画では、耐力壁を追加して耐力だけを強引に上げた結果、それ以上に低減がかかってしまうというケースが起こりがちです。柱頭柱脚接合部と基礎仕様の低減、偏心率による低減を踏まえた上で、低減が極力少なくなる補強計画を立てることが望ましいです。
一関市では、まず低減の対象になっている柱頭柱脚接合部を優先して単独補強し、それで足りない評点分を耐力壁で補強するという、ローコストな補強方法を推奨していました。
そこで今回の講習会では、下記の方法で補強を行いました。
1.  「補強ナビ」を用い、ホームズ君が自動で判断した箇所に、柱頭柱脚接合部の単独補強を行う
2. そこからCAD入力に切り替え、偏心率を考慮しバランスよく耐力壁を補強する

001
補強することで評点が上がる可能性のある柱頭柱脚接合部は赤色で表示される

002
◎剛心がより●重心に近づくようバランスのよい補強をすると、偏心率が下がり低減も少なくなる

参加者の方々からは、「基本的な操作を改めて確認できたのでよかった!」「今まで知らない機能が結構あった!」「補強設計の流れやコツが分かった!」などの声をいただきました。
この講習会を通して、さらにホームズ君シリーズを使いこなしていただき、業務に役立てていただけることを願っております。

自治体様や団体様向けに出張セミナーを承っております。お気軽にフリーダイヤル(0120-9876-68)までご相談ください。