Archive for 5月, 2013

セミナールーム「はじめての許容応力度セミナー」 (構造EX操作 入門編)

水曜日, 5月 22nd, 2013

2013年5月22日、インテグラルのセミナールーム(茨城県つくば市)で、「はじめての許容応力度セミナー」を開催いたしました。

IMG_9233 IMG_9249

セミナールームは、パソコンをお持ちいただき、実際に操作しながら学べるセミナーです。
ユーザーの方はもちろん、ホームズ君シリーズをお持ちでない、購入をご検討いただいている方も参加いただけます。

今回は、許容応力度計算が未経験の方も多く、苦戦されている方がチラホラと見受けられました。
NG解消の基本的な操作や、初めて許容応力度計算を行う方が躓きやすい水平構面の計算を中心に解説させていただきました。
やはり水平構面の計算を行うためには「Q図」を理解していただくことが、一番の近道だと感じました。

今後も定期的に開催していきますので、興味を持たれた方は是非一度、セミナールームへお越しください。
皆様のご参加をお待ちしております。

セミナールーム「長期優良住宅支援セミナー (構造EX操作 入門編)」

水曜日, 5月 15th, 2013

2013年5月15日、インテグラルのセミナールーム(茨城県つくば市)で、「長期優良住宅支援セミナー (構造EX操作 入門編)」を開催いたしました。

img1 img0

セミナールームは、パソコンをお持ちいただき、実際に操作しながら学べるセミナーです。
ユーザーの方はもちろん、ホームズ君シリーズをお持ちでない、購入をご検討いただいている方も参加いただけます。
今回は、2013年基準の省エネに対応した、ホームズ君構造EXを使っての初めてのセミナーとなりました。

新しい省エネ基準(2013年省エネ基準)は、2013年1月31日に公布され、2013年10月1日に施行予定となっています。これまでの熱損失係数(Q値)や夏期日射取得係数(μ値)による等級判定ではなく、外皮平均熱貫流率(UA値)と外皮平均日射取得率(ηA値)、さらに一次エネルギー消費量により、建物の省エネ性能が求められます。
現在、「ホームズ君構造EX」の省エネオプションではこの新基準に対応しています。以前から「省エネオプション」をお使いのユーザー様は、新基準部分を追加できるアップグレード版をお求めいただけます。

長期優良住宅では、2013年10月1まではQ値とμ値により省エネ等級を判定しますが、10月1日からは、新しいUA値とηA値による基準に変わる予定といわれています。
新しい省エネ基準にいち早く対応したホームズ君を、皆様の業務にお役立ていただければ幸いです。