Archive for 9月, 2012

大阪 地域型住宅ブランド化事業対応 長期優良住宅セミナー

金曜日, 9月 28th, 2012

2012年9月28日、大阪でホームズ君すまいの安心フォーラム主催「地域型住宅ブランド化事業対応 長期優良住宅セミナー」を開催いたしました。
同じ週に開催した東京浜松町セミナー同様、参加者の中には、平成24年度 第1回募集にて採択された登録事業者の方が多くいらっしゃいました。
参考:ホームズ君.com 「地域型住宅ブランド化事業」とは

セミナー前半では、長期優良住宅のメリットや申請の流れについて紹介しました。
さらに、住宅の省エネ基準の改正、一次エネルギー消費量、認定低炭素住宅等、2020年までに実施される省エネ義務化までの動向を説明しました。

続いて、長期優良住宅の設計方法を解説しました。
特に床倍率については、難関と言われてるだけに参加者の関心も高く、熱心にメモを取られている方が多くいらっしゃいました。

 

後半では、ホームズ君「構造EX」を実際に用いて、長期優良住宅の設計の流れを紹介しました。
先に解説した床倍率の計算を、実際の構造EXで確認していただきました。
耐力壁線の判定によって、必要床倍率・平均存在床倍率が変わっていく仕組みをご紹介し、床倍率の検討において等級を満たす設計を実演しました。

ホームズ君「構造EX」の新しいバージョン(Ver.3.42)では、柱や横架材の樹種について任意の追加登録が可能になります。
地域型住宅ブランド化事業は、地域材を活用した木造の長期優良住宅の建設を行う場合に、その費用の一部を補助するものです。
その地域材が、事前に登録されている標準的なものと強度が異なる場合には、樹種を追加登録することができます。

今後も地域型住宅ブランド化事業を含めた長期優良住宅、省エネの動向をいち早く発信してまいります。
今後のセミナーにどうぞご期待ください。

浜松町 地域型住宅ブランド化事業対応長期優良住宅セミナー

火曜日, 9月 25th, 2012

2012年9月24日、東京浜松町でホームズ君すまいの安心フォーラム主催「地域型住宅ブランド化事業対応 長期優良住宅セミナー」を開催いたしました。
本セミナーは、2012年度より始まった「地域型住宅ブランド化事業」に対応したセミナーです。
参考:ホームズ君.com 「地域型住宅ブランド化事業」とは

 

平成24年度 第1回募集で採択された登録事業者の方を含め、初めて長期優良住宅の設計・申請にチャレンジされるという方に多数ご参加をいただいたようです。
地域型住宅ブランド化事業の第2回募集に申込みを予定している方も多くいらっしゃり、その需要や注目が高まっていることを実感しました。

本セミナーでは、インテグラル 代表取締役 柳澤泰男が「最高の耐震・省エネ住宅のつくり方」という講演を行い、長期優良住宅性能+αで、他社との差別化を図る設計方法を紹介しました。
具体的には、耐震等級で等級2から等級3にするための壁量計算や床倍率の考え方のコツやポイントを解説しました。
特に床倍率は、長期優良住宅を設計する上での難関と言われていますが、水平構面の仕様を変更せずに、必要床倍率を下げることにより効率よく床倍率をクリアできること等を紹介しました。
省エネ等級では、等級4の基準である熱損失係数Q値2.7(地域区分Ⅳの場合)から2.0を目指すポイントやその効果について、具体例をまじえて説明しました。

 

後半では、ホームズ君「構造EX」(日本住宅・木材技術センター「木造建築物電算プログラム認定」取得)を使用して、長期優良住宅の設計から申請までの流れを紹介しました。
「構造EX」は、誰でも簡単に、直感的に操作できることをコンセプトに開発しています。
実際の設計では、学びながら長期優良住宅の設計を行うことができます。

地域型住宅ブランド化事業を含めた長期優良住宅セミナーの他、耐震診断・補強設計セミナー・省エネセミナー等、今後も木造住宅、木構造に関する様々なセミナーを開催していく予定です。
どうぞご期待ください。

千葉県建築士事務所協会習志野支部「耐震診断講習会」

土曜日, 9月 15th, 2012

2012年9月15日、千葉県建築士事務所協会習志野支部様からのご依頼で、「耐震診断講習会」を行いました。

「木造住宅の耐震診断と補強方法」2012年改訂版の概要、一般診断における2004年版と2012年版評点の傾向、そして、ホームズ君耐震診断Proの操作ポイントなどもまじえ、解説いたしました。

特に、一般診断については、略算法で行うことが多いらしく、精算法との診断内容の違いや、2004年版と2012年改訂版ではどのくらい評点が違うのかという点について、皆様の関心が高いように感じました。

以前からホームズ君「耐震診断Pro」をお使いいただいている方が多く参加されていたため、多くのご質問やご意見を賜りました。今後も、このような出張セミナーを通して頂戴した皆様のご意見を、よりよい商品開発に繋げていきたいと思います。