Archive for 7月, 2011

セミナールーム「長期優良住宅支援セミナー  構造EX操作(入門編)」

木曜日, 7月 21st, 2011

2011年7月21日、「長期優良住宅支援セミナー 構造EX操作(入門編)」を開催いたしました。当日講師を務めました坂入と申します。

本セミナーは、長期優良住宅への対応を考えている方、また、ホームズ君構造EXの操作に慣れていない方などを対象とした、少人数制の操作セミナーです。お客様にはパソコンをお持ちいただき、ホームズ君構造EXの各機能を実際に操作しながら、申請に必要となる設計内容説明書の出力までを行っていただきます。

今回参加いただいた方の中には、既に長期優良住宅に取り組んでいる方も何名かおられましたが、実際に設計を行っていくと、疑問も多い様子。これまでに開催したセミナーでもうかがえたことですが、やはり構造の安定で検討する床倍率や、省エネ(性能規定)の考え方について戸惑われる方が多いようです。

特に床倍率は、建物の形状によっては等級を満たしにくい場合があります。参加者の中には、実際にご自身が作成した物件データをお持ちになった方がいらっしゃいました。そのデータを一緒に確認しながら、等級を満たす操作をお答えする場面もありました。(お客様が入力したデータを見ながら質問にお答えできることも、セミナールームの特長です。)

また、今回も岩手県など、東北地方から参加いただいた方がいらっしゃいました。「東日本大震災に直面し、長期優良住宅が重要だと実感した」とお話しされていました。

セミナールームは、お客様と直接会ってお話をさせていただける貴重な機会でもあります。ユーザーの方が日頃感じている、疑問点・不明点などを直接伺い、その解決を一緒に行うことができます。(このような場で得たご質問や疑問は、開発やサポートチームにとっても貴重なご意見となります)

今後も、耐震診断や許容応力度計算のセミナールームと合わせて、定期的に開催してまいりますので、ぜひご参加いただければと思います。

セミナールーム耐震診断・補強設計セミナー「耐震診断Pro操作セミナー」

水曜日, 7月 13th, 2011

7月13日に耐震診断セミナーの講師を務めました、インテグラルの松崎と申します。

弊社セミナールームで開催されるセミナーは、株式会社インテグラルの研究学園オフィスにて、定期的に開催される8名程度の少人数制セミナーです。内容も操作部分に重きを置き、パソコンをお客様にお持ち込みいただき、実際に操作しながら学ぶことができます。また、セミナー中、気軽にご質問もしていただけます。

2011年6月から7月にかけて以下のセミナールームを開催いたしました。
6月22日 はじめての許容応力度セミナー
7月13日 耐震診断・補強設計セミナー 耐震診断Pro操作
7月21日 長期優良住宅支援セミナー 構造EX操作(入門編)

参加者の中には岩手県や大阪府、高知県等、遠方よりお越しいただいた方いて、本セミナーへ大きな期待を抱いてくださっていることを実感いたしました。

2011年3月に発生した東北地方太平洋沖地震を通じて、耐震診断・耐震補強の重要性、長期優良住宅の重要性を感じ、セミナーに参加された方がやはり多くいらっしゃいました。
また、耐震診断・補強設計や長期優良住宅申請を初めて行う方がほとんどでした。社員教育としてご利用いただいた会社もあり、非常に需要が増していることを肌で感じました。

操作を学んでいただく中で、初めてお使いいただく方もCAD入力をとても操作しやすく感じてくださり、スムーズに進まれていました。機能の中でも建物の3D表示、倒壊シミュレーション機能には特に皆様関心を示されていました。
既にホームズ君シリーズをお使いいただいている方も、日頃使われていて判断に悩む部分、操作が分からない部分等、熱心に質問されていました。

本セミナーを通じて、ホームズ君シリーズをさらに使いこなしていただき、今後の耐震診断・補強、長期優良住宅申請にご活用いただければうれしく思います。

これからもさまざまなセミナーを開催させていただく予定です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。