Archive for 6月, 2011

東京大学大学院 農学生命科学研究科 木質材料学研究室 ホームズ君「構造EX」デモンストレーション

木曜日, 6月 16th, 2011

2011年6月16日、お誘いがあり、弊社の構造計計算ソフト「ホームズ君 構造EX」の デモンストレーションに行ってきました。
場所は、東京大学大学院 農学生命科学研究科 木質材料学研究室という所です。
この研究室は、木造住宅の構造計算の権威である稲山正弘先生のいる研究室で、当日は社会人コースあわせて約20名の学生がいらっしゃいました。

デモンストレーションのテーマとしては、木造の許容応力度計算を手計算で3日かけて演習を行ったあとに、約30分間で、ソフトを使った場合の許容応力度計算による設計の手順や検定NG項目の解消方法を実演しました。
学生の方からは、こんな短時間でできてしまうなんて、この3日間は何だったんだという声が今にも聞こえてきそうな雰囲気でした。
また、壁材や水平構面の詳細計算法にも対応していて、お見せしたところ、これなら安価に集会所や学校などの大空間の設計ができると特に稲山先生に好評でした。

このデモでは短時間でしかも簡単に構造計算ができることをお見せしたのですが、次の点については、誤解されないように気を付けなければいけないなと感じました。

インテグラルのホームズ君シリーズは簡単操作を特長の一つにしています。
これは、ホームズ君を使えば計算の中身が分からない方でも構造計算をできるようにするためではありません。
あくまでもソフト使う(入力・変更する)時間を極力減らして、その分の時間を結果の確認や設計の検討に少しでも多く充てていただきたいという考えです。

計算書もページ数が他のソフトに比べて多いとたまに言われることがありますが、結果の確認のしやすさを考えて、すべての計算過程が確認できるようになっているからです。もちろん、これから構造計算を始めたいという方でも、計算根拠が全て見えるし、解説やNG解消法も充実しているので使いながら計算方法を学べるツールとしてお使いいただけます。

最近は、2階建てでも構造計算を取り入れたり、公共建築物の木造化などの施策により、ますます木造の構造計算の必要性が高まっています。
また、意匠設計の方が手戻りを減らすために、初期設計段階から構造を考慮したプランの検討をされたいという声も多く耳にします。

ホームズ君シリーズは、これらのニーズに敏感に応えていき、より良い設計のためのツールとして、末永くお使いいただきたいと思います。

セミナールーム耐震診断・補強設計セミナー「耐震診断Pro操作セミナー」

水曜日, 6月 15th, 2011

2011年6月15日、耐震診断・補強設計セミナー「 耐震診断Pro操作セミナー」を開催いたしました。本セミナーは、インテグラルの研究学園オフィスにて定期的に開催する少人数制の初級操作セミナーです。
当日、講師を務めましたインテグラルの松崎と申します。

遠く大阪からお越しいただいた方もいらっしゃいました。参加者の中には、ここ最近、耐震診断の依頼が増え導入を検討しているという方もいらっしゃいました。

セミナーの内容は以下の通りです。
・東北地方太平洋沖地震の被害調査報告
・耐震診断・補強設計の必要性
・ホームズ君「耐震診断Pro」操作方法(CAD入力~耐震診断~補強計画)

前半は今年3月に発生した東北地方太平洋沖地震の特徴、地震動の性質について報告いたしました。(出典:筑波大学地震防災・構造動力学研究室 境有紀教授)
揺れの周期の違いによる、人体、建物、高層建物に及ぼす影響の違いを表した動画では、皆様興味深くご覧になっていました。

セミナールーム1

セミナー後半では、ホームズ君「耐震診断Pro」の操作方法をご紹介しました。
初めてお使いいただく方も、スムーズに操作されていたようです。ホームズ君シリーズの特長である、建物の3D表示、倒壊シミュレーション機能にも皆様興味をお持ちでした。

参加者からは、「外壁材の考え方について、通常と大壁胴縁下地、下地材や仕上げ材で、どういった判断にすべきか」等、耐震診断を行う上で迷われているさまざまな質問をいただき、その判断方法をご紹介いたしました。

セミナールーム2

今回のセミナーを通し、耐震診断の需要が増していることを改めて肌で感じました。
インテグラルでは、ソフトをご購入いただいたからには、ぜひ使いこなしていただきたいと考えています。このセミナーを、今後の耐震診断・補強設計にご活用いただければうれしく思います。

少しでも建物の耐震性・安全性の確保に協力できますよう、これからもさまざまなセミナーを開催していく予定です。6月から8月にかけては、8ヶ所で開催の全国耐震診断セミナーも予定しております。皆様の参加をお待ちしています。

東海耐震マイスター倶楽部「ホームズ君耐震診断Pro 出張セミナー」

木曜日, 6月 2nd, 2011

2011年6月2日、岐阜県岐阜市大倉町の後藤木材株式会社様にて、東海耐震マイスター倶楽部様の会員を対象としたホームズ君耐震診断Pro 出張セミナーを行いました。当日、講師をつとめましたインテグラルの坂入と申します。

東海耐震マイスター倶楽部様は、東海地域の耐震化促進を目的とした非営利活動法人(NPO法人)です。

東海耐震マイスター倶楽部様が活動されている岐阜県は、東海地震や、これまでの発生履歴から東海地震と連動して発生することが予想される東南海地震など高い地震発生リスクをかかえているといわれています。
東海地震の発生確率は、地震調査研究推進本部(文部科学省に設置された政府の特別機関)によると、87%(今後30年以内)とされています。

これらを受け、岐阜県は建築物の耐震化に力を入れているそうです。木造住宅においては、平成21年度より県内全ての市町村で無料の耐震診断を受けられる制度があり、また、木造住宅の耐震補強工事にかかる費用の一部に補助行っているそうです。参加いただいた皆様は、耐震診断や補強工事を数多く実施しているそうです。

参加者のなかには、ホームズ君耐震診断Proを導入いただいて間もないという方が多くいらっしゃいました。そのため、実際の現地調査の結果をソフトに反映させる方法や診断条件の設定など、主に操作の流れや具体的な方法についてご説明いたしました。
また、診断を行う上で、判断が難しい部分(建物の重さの判断など)について、どのように判断すべきかというご質問・ご意見を多数いただきました。

今後も、このような出張セミナーを通して頂戴した皆様のご意見を、よりよい商品開発に繋げていければと思います。