Archive for the ‘操作セミナー(つくば)’ Category

長期優良住宅 ソフト実習セミナー (耐震等級編)

木曜日, 1月 19th, 2017

2017年1月18日、インテグラル開発センター(茨城県つくば市)で、長期優良住宅 ソフト実習セミナー (耐震等級編)を開催しました。

 

本セミナーは、長期優良住宅の認定基準である耐震等級に焦点を絞ったセミナーです。実際にホームズ君「構造EX」を操作し、耐震等級3を満たすための流れを体験していただくものです。参加者の多くは長期優良住宅未経験であり、ホームズ君「構造EX」をお持ちでない方もいました。

サポートセンターへのお問合せが多い床倍率の検討については、その考え方からじっくりと解説しました。耐震等級3を満たすために行った耐力壁の移動なども、その理由からご理解いただけたのではないかと思います。また、梁せいの算定では、実際に伏図を手入力して、その操作ポイントをお伝えしました。

参加者からは、「自己流でやっていたが、正しいやり方がわかった」「今まで知らなかった機能もあった」などの声をいただきました。また、今回のセミナーに参加して、自社で設計できるよう本格的に動こうと決められた方もいました。

長期優良住宅に対応したいけれども、何をやるかわからない、難しそう、というイメージを持っている方も多いかもしれません。しかし、全体像が分かれば難しいことはありません。面倒な計算はホームズ君が行います。もし迷われているのであれば、是非、ホームズ君のセミナーにご参加いただければと思います。

実例に学ぶ!ソフト実習付き 許容応力度計算セミナー

木曜日, 12月 15th, 2016

2016年12月14日、インテグラル開発センター(茨城県つくば市)で、「実例に学ぶ!ソフト実習付き 許容応力度計算セミナー」を開催しました。

img_0159  img_0165_2

本セミナーは、ホームズ君「構造EX」を使い、実際に許容応力度計算を行う場合の流れ(伏図入力から許容応力度計算の検定NG解消など)を体験していただくものです。
今回の参加者の多くは、ホームズ君「構造EX」の許容応力度計算オプションのユーザーの方でしたので、サポートセンターにもお問い合わせの多い検定NG解消法(例えば、部分的に構造用合板をはって水平構面の剛性を上げる)など具体的な項目を増やして実習を行いました。モデルプランを使って許容応力度計算の操作を通して体験していただくことで、より理解が深まったのではないかと思います。

 

耐震診断・補強設計セミナー (耐震診断Pro操作 入門編)

月曜日, 12月 12th, 2016

2016年12月7日、インテグラル開発センター(茨城県つくば市)で、耐震診断・補強設計セミナー (耐震診断Pro操作 入門編)を開催しました。ホームズ君「耐震診断Pro」を使い、CADの入力から耐震診断、補強設計まで、基本的な操作方法を体験していただくセミナーです。

img_0147  img_0154

実際に耐震診断を行った経験のある方でも、耐震診断の考え方やソフトウェアの操作方法に曖昧な部分があるなど、不安をお持ちの方もいらっしゃるようです。
特に、今回多くご質問いただいたのは面材や土塗り壁が横架材までとどいていないケースについてです。2012年改訂版『木造住宅の耐震診断と補強方法』(日本建築防災協会発行)では、このような場合、壁高さ比を用いてその面材や土塗り壁の耐力を補正することになります。ホームズ君「耐震診断Pro」では、壁材種を入力する際に壁高さ比を壁材種ごとに設定できますので、その方法を解説しました。

曖昧な部分はそのままにせず、是非ホームズ君のセミナーにて解消していただければと思います。皆様のご参加をお待ちしております。

長期優良住宅 ソフト実習セミナー(省エネ編)

木曜日, 11月 17th, 2016

2016年11月17日、インテグラル開発センター(茨城県つくば市)で、長期優良住宅 ソフト実習セミナー (省エネ編)を開催しました。本セミナーは、長期優良住宅の認定基準の1つである省エネルギー対策に焦点を絞ったものです。実際にホームズ君「省エネ診断エキスパート」を操作し、断熱等性能等級4を満たすための操作やポイントを解説しました。

img_0090  img_0094

参加者の多くは、省エネルギー対策の検討は未経験とのことでした。「省エネを検討する案件が無かった」「構造や省エネ部分は外注していた」というのが理由のようです。しかし、省エネに関する施主からの質問や要望が増えてきている、2020年の義務化がせまっている、などの理由から、これからは本格的に取り組まねばと本セミナーに参加したとのことでした。

「知人がホームズ君を使って見せてくれて、使いやすそうだなと興味を持った」という方もいらっしゃいました。もし同様に、ホームズ君製品について少しでも興味をお持ちのお知り合いの方がいらっしゃればぜひご一緒に社のセミナーにて実際に体験していただければと思います。皆様のご参加をお待ちしております。

長期優良住宅 ソフト実習セミナー (耐震等級編)

金曜日, 11月 4th, 2016

2016年11月2日、インテグラル開発センター(茨城県つくば市)で、長期優良住宅 ソフト実習セミナー (耐震等級編)を開催しました。本セミナーは、長期優良住宅の認定基準の主である耐震等級に焦点を絞ったセミナーです。

img_0069  img_0065

セミナー冒頭、インテグラル代表取締役 柳澤 泰男が、今年(2016年)4月に発生した熊本地震ついて現地調査の結果とその解説を行いました。
熊本地震では、耐震等級2の住宅が倒壊しました。その原因として「想定よりも大きな地震力が発生した」「耐力壁として施工した構造用合板の施工が悪く水平構面(床倍率)の剛性確保に影響した」「梁上耐力壁の考慮不足」などの原因が考えられます。震度7に負けない木造住宅を作るために何が重要か、水平構面の剛性確保の重要性や耐震等級3を目指すべき理由をお話しました。

img_0080  img_0052

後半はホームズ君「構造EX」の操作実習です。建物概要の条件設定やCAD入力、伏図入力などの基本的な操作を行なう中で、耐震等級を3にするための考え方や操作のポイントを解説しました。特に、床倍率の検討では、床や屋根の水平構面の仕様を変えずに、耐力壁の位置を変更して充足率を満たす方法などを実際に体験していただきました。

参加者からは、「曖昧だった部分がはっきりした」「入力時のポイントを知ることができてよかった」等の声をいただきました。これから長期優良住宅に取り組もうとされている方もおり、実際にどのようにすれば耐震等級を満たすことができるのか、参考にしていただけたのではないかと思います。

不明点は全て解消してお帰りいただくのが、本セミナーの目標です。会場では、現在の業務で扱っている個別の案件についてご質問いただいても結構です。今後も省エネや許容応力度計算、耐震診断などの操作セミナーを随時開催いたしますので、是非ご参加いただければと存じます。

実例に学ぶ!ソフト実習付き 許容応力度計算セミナー

木曜日, 7月 21st, 2016

2016年7月20日、インテグラル開発センター(茨城県つくば市)にて、「実例に学ぶ!ソフト実習付き 許容応力度計算セミナー」を開催しました。

セミナー会場  セミナー会場

本セミナーでは、ホームズ君「構造EX」を使い、実際に許容応力度計算を行う際の流れ(伏図入力、許容応力度計算の検定NG解消など)を体験していただきます。モデルプランは、インテグラル開発センター(木造3階建ての事務所)です。許容応力度計算ではどのような計算を行っているのか、実際に参加しているセミナーの会場が入力の対象ということで、参加者の皆様にとっては、入力内容のイメージがしやすかったようです。

許容応力度計算は難しいと考えていらっしゃる方が多いと思います。しかし、ホームズ君「構造EX」はソフトを使いながら学べるよう作られていて、また、セミナーでは不明点をすぐ質問できます。セミナー終了時には、一通りのことをご理解いただけるように構成されています。本セミナーは、購入後間もない方、これからホームズ君構造EX」の購入を考えている方向けのセミナーとなります。許容応力度計算は行っていないが、どういったソフトなのか、実際に試してみたい、という方も歓迎です。ホームズ君にご興味を持たれた方は、是非、セミナーに足を運んでいただければと思います。

操作セミナー「耐震診断・補強設計セミナー (耐震診断Pro操作 入門編)」

水曜日, 11月 4th, 2015

2015年11月4日、インテグラル開発センター(茨城県つくば市)で、操作セミナー「耐震診断・補強設計セミナー(耐震診断Pro操作 入門編)」を開催しました。

img01 img02

本セミナーでは、ホームズ君「耐震診断Pro」を使い、CADの入力から現状の耐震診断、補強設計まで、基本的な操作方法を体験していただきます。
今回の参加者の多くは、今年(2015年)ホームズ君「耐震診断Pro」を購入された方でした。
耐震診断の案件が舞い込んできた、今後は業務に取り入れたいなど、その理由は様々かと思いますが、まだまだ操作方法や耐震診断の考え方に不安をお持ちの方が多かったように思います。
今回のセミナーで、皆様が持っていた不安を少しでも解消できたのであれば幸いです。

本セミナーは、購入後間もない方、これからホームズ君「耐震診断Pro」の購入を考えている方向けのセミナーとなります。
もちろん、しばらく使う機会がなくて操作方法を忘れてしまった、という方も歓迎です。
ホームズ君にご興味を持たれた方は、是非、セミナーに足を運んでいただければと思います。

「実例に学ぶ!木造3階建て事務所 許容応力度計算セミナー」を開催しました

金曜日, 4月 3rd, 2015

インテグラルでは2011年から、公共建築物等木材利用促進法の施行やつくば市の地球温暖化対策への取り組み「つくば環境スタイル」を背景に、「つくば木造・木質化エコプロジェクト」に取り組んでいます。
その主要プロジェクトが、インテグラル開発センター(茨城県つくば市)です。
「木造の軸組構法住宅で用いられている技術・部材を応用し、大空間を確保しながらも、耐震性と省エネルギー性に優れた環境共生型の中規模建築物を住宅建築同等のコスト・工期で実現」するというテーマのもと建築された、木造3階建てECOオフィスです。
「中規模の木造建築に、もっと手軽に取り組んでほしい。」開発センターはその実証でもあります。

遠景

実際、平成25年度に、国が整備した低層(3階建て以下)の公共建築物で実際に木造で整備された公共建築物は、わずか5%(24棟/484棟)でした。(平成27年3月25日 農林水産省発表資料より)

これまで、集会所や幼稚園等の公共性の高い建築物をはじめ、事務所・店舗等の一般建築物においても、その大半は鉄骨造やRC造で建築されてきました。そのため、中大規模の木造建築については、非木造建築物に比べてコストや防耐火等の法規制、構造設計の難易度が高いとの認識が広がっており敬遠されがちでした。

では、その認識を払拭し、中小工務店や一般の設計事務所に積極的に取り組んでもらうためには何が必要なのか。
その答えの一つとして、インテグラルが企画・開催したのが「実例に学ぶ!木造3階建て事務所 許容応力度計算セミナー」(開催日:2015年4月3日)です。

IMG_7360IMG_7474

開発センターは、自社開発の構造計算ソフト「ホームズ君 構造EX」と「許容応力度オプション」「面材詳細計算法オプション」を用いて、許容応力度計算を行いました。

この「ホームズ君 構造EX」には、構造計算の専門知識がなくても、ソフトを使いながら構造計算を学習できるという特長があります。
本セミナーの参加者には、実際に「ホームズ君 構造EX」の操作を体験していただきました。

計算条件設定、伏図入力、基礎の入力、柱・水平構面の設定、許容応力度計算、検定NG解消まで一連の操作を体験し、また、実際の建築物、つまり開発センターを見学していただくことで、ハードルが高いと思われがちな許容応力度計算への取り組みにトライしていただこうというのが目的です。

本セミナーは、基礎講習50分と構造設計実習160分で行いました。合計で210分。わずか、3時間半で木造3階建て事務所の許容応力度計算を体験していただくことができます。

開発センター3階、リフレッシュルームは4.55mスパン、梁表しの勾配天井です。その開放感や木質感を見学会で目の当たりにしていただいた後、面材詳細計算法を用いた水平構面の検定クリア方法をご紹介しました。

IMG_7396
リフレッシュルームの勾配天井は、標準的な仕様では耐力が足りず検定NGとなりますが、垂木・面材の寸法や釘ピッチを綿密に計算して、設計・施工を実現しました。計算条件や計算量が多く複雑な内容であっても、「ホームズ君 構造EX」を用いることで瞬時に計算できるため、検定をクリアするまでのトライアルアンドエラーが素早く簡単に行えます。それにより、設計の可能性が格段に広がることを体験していただけたのではないでしょうか。

参加者の中には、福岡や広島からお越しいただいた方もいます。操作セミナーのため、セミナーの告知はホームズ君シリーズのユーザー団体である「すまいの安心フォーラム」会員を対象に限定的に行ったのですが、告知後まもなく定員となりました。許容応力度計算や木造3階建て建築物への関心の高さのあらわれかもしれません。

インテグラルでは、この許容応力度計算への取り組みを推し進めるため、全国でセミナーを開催することを検討しています。詳細が決まりましたらホームページ等でご案内いたしますので、ご期待ください。

セミナールーム「はじめての許容応力度セミナー (構造EX操作 入門編)」

木曜日, 2月 19th, 2015

2015年2月18日、インテグラル開発センター(茨城県つくば市)で、セミナールーム「はじめての許容応力度セミナー」を開催しました。本セミナーでは、ホームズ君「構造EX」許容応力度計算オプションで、モデルプラン(3階建て)の検定を行います。最終的に、許容応力度計算の検定NGを全て解消することを目的としています。

img0

参加者からは、これからは3階建ての建物に対応したい、デザイン性の高い建物に対応したいなど、意欲的な言葉をうかがうことができました。許容応力度計算を行うのは初めて、という方もいましたが、不明点があれば、すぐに質問することができるのが、セミナールームの特長です。皆様、特に迷うことなく、操作を行なっていました。

また、本セミナーでは、検定NGの具体的な解消方法をお伝えします。特に、水平構面の検定については、リアルタイムQ図などの機能を駆使し、実際に全てのNG箇所を解消していきます。複雑な部分もありますが、最終的には、参加者全員がNG箇所を解消することができました。

本セミナーで学んでいただいたことを、実際の業務でも活用いただければ幸いです。ホームズ君にご興味を持たれた方は、是非、セミナーに足を運んでいただければと思います。

セミナールーム「一日で習得! H25省エネ基準 完全対応セミナー(構造EX操作 入門編)」

木曜日, 12月 4th, 2014

2014年12月3日、インテグラル開発センター(茨城県つくば市)で、セミナールーム「一日で習得! H25省エネ基準 完全対応セミナー」を開催しました。
今回は、平成25年省エネ基準の概要から実際に外皮性能・断熱等性能等級を判定するまで、一日でマスターすることを目指した操作セミナーです。

am_0 am_1

午前中は平成25年省エネ基準の概要の講義です。UA値やηA値の考え方や計算方法を解説します。
参加者のほとんどは、省エネの検討をこれまで行ったことが無い、という方々でしたが、2015年4月の平成25年省エネ基準完全移行に備えるため、熱心に耳を傾けていました。

 

pm_1 pm_0

午後はホームズ君「構造EX」の省エネオプションを操作する演習です。
長期優良住宅の申請を想定し、具体的に断熱等性能等級4(平成11年省エネ基準の「省エネルギー対策等級4」に相当)をクリアします。
「ホームズ君は初めて使う」「省エネの計算は初めて行う」という方もいましたが、特に操作に迷うことなく、等級を満たすことができたようです。

これから、省エネの検討に本格的に取り組もうとしている方も多いかと思います。
ホームズ君は全力で皆様をサポートいたしますので、ぜひ、セミナーにも足を運んでいただければと思います。