長期優良住宅 ソフト実習セミナー (省エネ編)

2017年2月1日、インテグラル開発センター(茨城県つくば市)で、長期優良住宅 ソフト実習セミナー (省エネ編)を開催しました。

長期優良住宅の認定基準である断熱等性能等級を主としたセミナーです。実際にホームズ君「省エネ診断エキスパート」を操作し、断熱等性能等級4を満たすための流れを体験していただきます。
ホームズ君「省エネ診断エキスパート」では、実際に使用する断熱仕様を登録し、屋根や外壁、床に対して、仕様を設定するだけで外皮平均熱貫流率(UA値)、冷房期の平均日射熱取得率(ηAC値)が計算されます。実際に使っていただければ、その簡単さを実感していただくことができます。

そのほか、省エネの平成28年基準と25年基準の違い、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)や低炭素住宅に必要となる一次エネルギー消費量についても解説を行いました。特に一次エネルギー消費量については、「外皮性能はなんとなく分かるけれど、一次エネルギー消費量についてはよく分からない」という参加者の方も多いようでした。実際にZEHをクリアするまでのケーススタディで、理解が深まったのではないかと思います。

2017年1月11日、1月17日に開催した「H28省エネ基準&ZEHセミナー」でも感じましたが、2020年の省エネ基準適合義務化に向けて、動き出す方は増えています。ホームズ君も積極的に皆様を支援しますので、是所、ホームズ君のセミナーにご参加いただければと思います。

Comments are closed.